舞姫.com

三国志大戦。主に蔡文姫デッキでのプレイ日誌です。  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇策縦横

プレ企画の締め切りの前に・・・

この前書き損ねた奇策縦横デッキはこんな感じ。
20070614171758.jpg20070614171822.jpg20061031001812.jpg20070205234307.jpg
まあまあ行けるんですが、あるデッキに対して相当弱いです。
それは八卦陣の奥義…落雷ゲー乙。
さすが宿敵。基本的に落雷打たれると終了。
知力4に1本でミリ残り。知力10でも兵力8割残しで撤退に・・・
2人掛けっつーのもあるんですが・・・
八卦陣デッキてのは、基本的にコンボ用+諸葛亮の武力の低さを補うためか、SR趙雲or疾風趙雲+関索というのが多い。
知力高い復活持ちにかかっても全然おいしくないし、向こうのデッキはU姜維とかよく入ってたり、細かいのが武力高めだったりしてきつかったり。
あとコンボが武力8で成り立つのも、こっちにとって痛い。
2.5コスに武力9が入ってるなら諸葛と一緒に2人掛けでもそこそこおいしいのですが・・・(そもそも特定の2人入れるのが大変なんだけど)

あ、魏4とか4枚八卦、りっさんデッキにはかなり強いですよ。
袁は最近のは高確率で浄化入ってて、SR顔良とか知力高めだったりして、五分五分って感じです。


あと昨日常連さんと、募兵なかったらきっと征覇王なれてるよ(ずっと同じデッキでやってれば)って話をしてました。柵以上にうざいですね。相打ちになってもミリ残りでもすればちょっと回復させて城門1発入れられたなんてよくあります。
まあ飽き性なんで同じデッキずっと使ってらんないでコロコロ変えてるんで結局無理だろってことで落ち着きました。(笑)

次回は白眉入り野戦を試す予定。
続きは懐かしいモノを見つけたので・・・
「全てはこの時の為に!」
「ご苦労様です」
さわやかな玄妙なる反計が、固まった蜀陣営にこだまする。
ジュンイク様の射程に集う漢男(をとめ)たちが、今日も悪来のような無垢な笑顔で、背の高い城門めがけて走り抜けていく。
恐れを知らない心身を包むのは、赤い色の戦装束。
真島の絵柄は見えないように、白いオーラ表示は消さないように、
すばやくじっくりと兵を動かすのがここでのたしなみ。
もちろん、姜維に誘われてホイホイと槍ぶすまにされちまうといった、はしたない騎兵など存在していようはずもない。


「そんなに見つめられると・・私、計略使えなくなっちゃう・・・」
スポンサーサイト

テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ozuhiten.blog25.fc2.com/tb.php/215-eb4e344f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。